商品管理

売り上げ管理ができるPOSレジを導入しよう

笑顔の店員

飲食店を経営されている方は日々のお仕事の中でいろいろなことに気づかれることと思います。どのようなお客さんが来店しているかということは、これからの経営方針や戦略を考える上でとても貴重なデータです。そのような貴重な顧客情報と売り上げデータを一括管理することができるのが飲食POSレジで、最近では導入する店舗が日に日に増え続けています。POSレジを導入すれば、顧客データの管理や抽出も効率的にできますし、売り上げデータからこれからの経営方針を立てなおしたり、新たに戦略を練る事も可能です。商品の動きも一目で分かりますから、人気のある商品とない商品の情報から、新メニュー作りの参考にもなります。また、POSレジ一つで従業員の勤怠管理も行えるので、日々の業務を効率化でき、従業員一人当たりの仕事量を減らすことも可能となります。従業員の勤怠管理は、飲食店では店長さんが一人でやる事が多いと思いますが、POSレジを導入すれば、そのような負担も減らすことができます。これまでの経営状態を冷静に分析し、最適な経営戦略を立てるのに役立ってくれるPOSレジ。もっとお店を繁盛させたいと願っている経営者の方にぴったりなシステムです。新しい挑戦を考えている経営者の方はぜひPOSレジの導入を検討してみてください。

飲食POSレジを導入してお店の売上管理に役立てよう

最近の飲食店で導入が進んでいるものと言えば、POSレジです。チェーン店などではこのレジを導入することで、売上管理や売上改善に非常に役立てています。飲食店を経営されている事業主の方なら、飲食POSレジは一度は聞いたことあるかもしれません。どのようなシステムか簡単に説明すると、普通のレジとは違い販売情報の管理機能を搭載しています。POSレジはネットワークで繋がっており、販売情報を収集できます。
レジを使うごとにその場ごとの販売情報を管理できるため、随時その情報を確認できます。簡素なレジの場合、閉店後に売上集計する作業などを行いますが、POSレジの場合はいつでも売上管理が可能です。さらに嬉しいポイントは、詳しい販売情報を収集できるため、その分析作業ができることです。この情報がないと、売上を上げるためにどうしていったらよいのか、適切な改善策を立てづらいでしょう。
しかしPOSレジを導入すれば、どの部分の売上が落ちているのかなども把握することができ、売上改善の対策が的確に行えるようになります。飲食店の場合は、その収集した情報を参考に、メニュー改善にも大いに役立てられます。売上が伸び悩んで困っている場合や、ある程度の規模の場合は、ぜひPOSレジの導入を検討してみましょう。

蓄積したデータを生かすことができるPOSレジ

飲食店などでも導入が進んでいるのが、POSレジと連携させたオーダーシステムです。
POSレジの特徴としてデータを増やしていくことができるという点が挙げられ、これらのデータは店舗を運営していく際のさまざまな指標として用いられることになります。
注文データや売り上げデータなどを把握しておくことで、どのメニューがどれぐらい売れるかを客観的に見ることができ、客層や人気メニューに合わせた店舗運営を行なうことができます。
また予約制の店舗であればリアルタイムでの予約状況なども把握することができるので、データを一元化することで情報の行き違いを防ぎ、スピーディな対応が可能になります。
利用客を待たすことのない対応は接客業にとって重要なものであり、直接店舗の評判にも関わってくる部分です。
オーダーシステムとの連携によって業務はさらに効率化させることができ、POSレジでデータを反映させることができるため、セットで提供している飲食POSレジ業者もあります。
オーダーとPOSレジとを連携させたサービスは従業員のミスを減らすことにもつながり、蓄積したデータを将来にわたって生かすことのできる大切な資源にしていくことが可能です。


不正などの問題に対処された、飲食店の事だけを考えて作られたposレジはハンディタイプと一緒に使うことで顧客情報、スタッフの出勤情報を共有できます!

press release

レジ打ち

店舗売上を伸ばすのに貢献してくれるのがPOSレジ

利用客がレジで精算をした際の記録をどんどん積み重ねていけるのが、飲食POSレジの特徴の1つです。その記録を役立て反映させることができれ…

more detail