商品管理

POSレジを活用した売上管理の効果

レジ

飲食店を経営している人の中には、POSレジという存在そのものを最近になって初めて知ったという人も少なくありません。POSレジそのものは主に小売業界で1990年代頃からすでに普及し始めていたとは言え、飲食業界では導入が遅れていました。
従来のPOSレジは飲食店に不向きだったというのがその一因ですが、飲食店向けのPOSレジが登場したことで状況は一変しました。飲食店向けのPOSレジは小売店向けよりもシステムや操作感がシンプルに作られているのが特徴で、持ち運びに便利なタブレット端末で操作するタイプが主流です。このような状況の変化を受け、近年は飲食店の間でもPOSレジを導入する店舗が急増しています。
飲食店がPOSレジを導入する効果はいろいろと考えられますが、売上管理が楽になるという点は大きなメリットの1つです。従来のレジでは単品ごとの売上データが収集できなかったのと比べ、POSレジを導入すれば時間帯別や曜日別・客層別の売上データが分析可能になります。
売れ筋商品を把握するのにデータの裏付けがあれば分析の精度が向上し、売上改善に役立つのは間違いありません。飲食POSレジを導入して現在の売上状況がリアルタイムで把握できるようになれば、天気や時間帯によってメニューを臨機応変に変更したりするような対応も可能になってきます。

press release

レジ打ち

店舗売上を伸ばすのに貢献してくれるのがPOSレジ

利用客がレジで精算をした際の記録をどんどん積み重ねていけるのが、飲食POSレジの特徴の1つです。その記録を役立て反映させることができれ…

more detail